しつけに役立つツボマッサージ

犬にも人間と同じようにたくさんのツボがあります。

ツボマッサージは、健康の保持・増進を図るだけでなく

精神的な疲れや不安の解消などメンタルにも作用します。

もちろんマッサージだけで問題行動をなおすことはでき

ませんが、しつけの中にうまく取り入れることで、問題

行動の改善につながるものと考えます。

ここではその一部のツボと効能をご紹介します。


無駄吠えをやめさせたい

攅竹(さんちく)

目の上の出っ張りの内側、人間のまゆ毛の目頭側の部分に

あるツボです。このツボを刺激することで、ストレス解消

とリラックスを促し、落ち着きを失っている犬を落ち着か

せることができると言われています。

親指と人差し指をツボにあて円を描くように軽く指圧して

みましょう。

犬が吠えるのには必ず理由があります。不安や警戒が理由

で吠えている場合は、飼い主がわんちゃんとの信頼関係を

築けていないことが多いようです。

まずしっかりとした信頼関係を築くための方法を学ぶこと

が大切です。


落ち着かせたい

丹田(たんでん)

丹田とはツボではなくおへそ下あたりの部位を指します。

体のエネルギーの中心であり、心の中のイライラをここに

降ろしてしまっておく働きがあります。指の腹で円を描く

ようにやさしく撫でてみましょう。

しつけの基本は、飼い主と愛犬との信頼関係を築くこと。

安心して飼い主に体を預けられるようにすることが重要

です。その為には、ホールドスチールやマズルコントロ

ール、タッチング等の方法論を学ぶことも有効です。

これらのトレーニングの中に、この丹田のマッサージも

取り入れてみてはいかがでしょうか。


大人しく留守番させたい

神門(しんもん)

前肢の手首の付け根にある小さな肉球の下(手首側)で

親指側のくぼみにあるツボです。このツボは副交感神経の

働きを活発にして、イライラや不安感からくるストレスを

緩和させます。精神を安定させる作用があり、分離不安症

などに効果があると言われています。

小型犬は綿棒などを使って、中型犬や大型犬は人差し指を

使って指圧してみましょう。

留守中にトイレ以外の場所でオシッコしたり、モノを壊し

たり、帰ってくるまで鳴き続けたり、このような問題行動

は「分離不安」から引きおこされます。

出かける準備を悟られないように工夫したり、出かける前

に思いっきり遊ばせて疲れさせるといった対処療法も有効

ですが、わんちゃんが飼い主への過度な愛情で依存し過ぎ

ないような接し方を学ぶことも大切です。


集中力を高めたい

井穴(せいけつ)

指の爪の生え際にあるツボで前肢後肢全ての指にあります。

このツボを刺激すると交感神経が高まり集中力の向上を促

すと共に、心も体も元気になると言われています。

前後左右の指一本づつを親指と人差し指で挟むように刺激

してみましょう。

しつけをする際には、わんちゃんが、飼い主の言葉や行動

に対して集中力を保てることが重要です。

犬の集中力は5分くらいしか続かないとも言われています。

わんちゃんが集中力を高められるコンディションや環境の

作り方、指示を出すタイミングやアイコンタクトの取り方

などを正しく学ぶことが大切です。

わんちゃんに飼い主に対する集中力が備わってさえいれば、

しつけはそれほど難しいものではありません。