しつけの重要性

災害に備えた飼い主の責任

もしもの時に備えてますか?

もし、突然災害が起きて避難が必要になったとしたら…

ペットは飼い主と同行避難することが基本となります。

 

実際にペットを連れて避難しようとした時は、あなたの

愛犬が突然の災害にパニックになり、いつもと違う行動

をとってしまうことも考えられます。

こうした状況で、人間とペットが安全に避難する為には

普段からキャリーバック等に入るのを嫌がらないことや

「マテ」や「オイデ」がしっかり出来る必要があります。

 

例えば、避難所においても決められた場所で排泄できる

など、いつもと同じように決められたルールを守ること

ができれば、他人への迷惑を防止するだけでなく、愛犬

自身のストレス低減にもつながります。 

 

様々な人が共同生活を送らなければならない避難所では

動物の苦手な人、アレルギーを持っている人等への配慮

も必要になります。

あなたの愛犬の存在が人々のストレスやトラブルの原因

にならないよう、飼い主自身の意識と平常時からの備え

がとても重要です。

 

いざというとき、あなたの大切な家族の命を守る為にも

普段から愛犬とのコミュニケーションをしっかりとれる

ようにしておくことは、飼い主が果たすべき責任です。

 


災害に備えたしつけと健康管理

・マテ・オイデ・オスワリ・フセ などの基本的なしつけをする。

・ケージ等に入ることを嫌がらないよう日頃から慣らしておく。

・人や他の動物を怖がったり攻撃的にならない。

・決められた場所で排泄ができる。

・狂犬病予防接種などの各種ワクチン接種を行う。

・犬フィラリア症などの寄生虫の予防、駆除を行う。   

 環境省「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」抜粋)